日本マスターズ陸上競技連合について

マスターズ陸上について

日本マスターズ陸上競技連盟は、生涯スポーツを通じ、会員の皆様の心身の健康維持をサポートすることで、健康寿命の延伸、医療費削減につなげていくことを目指しています。若年層の会員には日々の生きがいの場を提供し、幅広い年代の交流により見聞を広げる場にもなっています。

マスターズ陸上大会の歴史

日本のマスターズ陸上は、1978年1月に和歌山で産声を上げました。1980年には第1回全日本マスターズ陸上競技選手権大会が和歌山で開催され、以後、今日まで継続的に開催されています。

参加資格

マスターズ陸上は、競技成績に関係なく男女共に18歳以上(高校生、学連登録者を除く)から会員になることができ、生涯楽しく同年代の人々と競技を続けられます。

会員であれば、各地区大会はもちろん、全日本大会へも出場できます。また、35歳以上の会員は、アジア・世界大会へも出場できます。

得意種目に留まらず、別の種目に気軽にチャレンジできることもマスターズ陸上の魅力です。「記録志向」もよし、「健康管理」もよし、「仲間作りの機会」でもよし。誰に強制されることもなく、自分の体力と人生観に従って競技を楽しめます。

競技種目

男子

※ 日本マスターズ陸上競技連合公認種目

◆60m◆100m◆200m◆400m
◆800m◆1500m◆3000m◆5000m
◆10000m◆3000m競歩◆5000m競歩
◆80mハードル(70歳以上)◆100mハードル(50~69歳)◆110mハードル(49歳以下)
◆300mハードル(60歳以上)◆400mハードル(59歳以下)◆2000m障害(60歳以上)◆3000m障害(59歳以下)
◆4×100mリレー◆4×400mリレー
◆走高跳◆棒高跳◆走幅跳◆三段跳
◆砲丸投◆円盤投◆ハンマー投◆やり投
◆重量投
◆五種競技(走幅跳、やり投、200m、円盤投、1500m)
◆十種競技(100m、400m、1500m、ショートハードル、走高跳、棒高跳、走幅跳、砲丸投、円盤投、やり投)
◆重量五種(砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投、重量投)
★立五段跳
★跳躍五種

※ ロード競技:フルマラソン、ハーフマラソン、20km、10km、5km、20km競歩

女子

※ 日本マスターズ陸上競技連合公認種目

◆60m◆100m◆200m◆400m
◆800m◆1500m◆3000m◆5000m
◆10000m◆3000m競歩◆5000m競歩
◆80mハードル(40歳以上)◆100mハードル(39歳以下)◆300mハードル(50歳以上)◆400mハードル(49歳以下)
◆2000m障害◆4×100mリレー◆4×400mリレー
◆走高跳◆棒高跳◆走幅跳◆三段跳
◆砲丸投◆円盤投◆やり投◆ハンマー投
◆重量投
◆五種競技(800m、ショートハードル、走高跳、走幅跳、砲丸投)
◆七種競技(200m、800m、ショートハードル、走高跳、走幅跳、砲丸投、やり投)
◆重量五種(砲丸投、円盤投、ハンマー投、やり投、重量投)
★立五段跳 
★跳躍五種

※ ロード競技:フルマラソン、ハーフマラソン、20km、10km、5km、10km競歩

クラス

5歳刻みのクラスに分かれて競います。5年毎にクラス別の最若手となり、各クラスでの記録更新・上位入賞のチャンスが巡ってきます。

男子女子
Mー24(18-24歳)
M25(25-29歳)
M30(30-34歳)
M35(35-39歳)
M40(40-44歳)
M45(45-49歳)
M50(50-54歳)
M55(55-59歳)
M60(60-64歳)
M65(65-69歳)
M70(70-74歳)
M75(75-79歳)
M80(80-84歳)
M85(85-89歳)
M90(90-94歳)
M95(95-99歳)
M100(100-104歳)
M105+(105歳以上)
Wー24(18-24歳)  
W25(25-29歳) 
W30(30-34歳) 
W35(35-39歳) 
W40(40-44歳)
W45(45-49歳)
W50(50-54歳)
W55(55-59歳)
W60(60-64歳)
W65(65-69歳)
W70(70-74歳)
W75(75-79歳)
W80(80-84歳)
W85(85-89歳)
W90(90-94歳)
W95(95-99歳)
W100+(100歳以上)
 

ルール

基本的に一般の陸上競技と同じく、ワールドアスレティックスのルールに基づいて競技します。一部、年齢を考慮したルールを用います。


次のページ 『長野マスターズ陸上競技連盟について